児童発達支援・放課後等デイサービス

鏡開き

1月11日に神棚に祀っていた鏡餅(年神様の御宿)を開いてスタッフで年神様をお送りしました

鏡開きはお正月に『年神様』が滞在していた『依り代』であるお餅を食べることで
霊力を分けていただき一年の良運と五穀豊穣をお願いする行事です

 

そして!子供さん達のお楽しみ⤴
児デイのお友達も! 今年の良運、健康を願い おやつにお餅の提供しました☝

さぁて開いたお餅は何にしようかなぁ⤴
安倍川餅…善哉?それとも…磯辺餅?

 児デイのお友達は💦まだ小さい子もいます
成長やその子その子の状態によって咀嚼や飲み込みの状態が違い普段のおやつでも配慮しないといけないこともあります

子どもさんに応じて大きさ、食材を変え白玉団子、お餅を入れ『ぜんざい』にしました

 

 

 

 

Aくん
「俺なお餅苦手じゃったんよお餅ネトネトしてな〜いつ飲み込んでええかわからんかったんよ
 でもな⤴今年は食べれたんよ先生!凄いじゃろ?」

Bちゃん
「〇〇くん苦手じゃったん?よく噛んどったらちょっとずつ口の中でなくなるんよ
 Aくん!凄いなぁ⤴苦手じゃったのに食べれたんじゃ〜」

Aくん
「食べれん!思ってたけど食べれたわもぉ俺食べれるで〜」

Bちゃん
「じゃ〜今日はみんなで神様のお餅食べれるなぁ楽しみぃ

Aくん
「俺な!何か何のお餅でも食べれる気がしてきたわ!」

と子供さん達の会話から
日頃、日本の風習に習った『食育』の成果を感じることができました

 

今年になって急に寒さが強くなり…時には雪が舞い急に冷え込んできたので☝
身体が温まる『善哉』にしてみんなで食べました⤴

みんなで熱々の善哉を食べながら鏡開きについてもお話をしました

 

春の七草

年が明け早くも一週間が経ち
普段の日常に戻りつつあります。
元気に今年も過ごせるようにと
『春の七草』についての話をしました

·ごぎょう
·はこべら
·ほとけのざ
·すずしろ
·すずな
·せり
·なずな
これぞ七草!
昔は道べりに咲いておりよく目にする馴染みの深い草花です

七日には7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願う習慣もありました。
若菜を摘んで食べて生命力をいただく「若菜摘み」、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習と結びついて、今の七草粥の形になっていったとされるそうです。
お正月みんなで楽しく美味しいごちそうを食べ疲れた胃を休める。
これらの七草を入れ消化の良い粥を食べて体を労りましょう!という昔の人の知恵と子供さん達に話しました

七草をトレーに並べ実物の七草の名前を見て確かめました

明けましておめでとうございます

「明けましておめでとうございます
と元気な声で今年も笑顔で放デイさんスタートしました

「お正月は何したの?どう過ごしたの?」とみんなに声をかけると…
「今年は初詣行かんかったんよ近くの神社だけだった」
「あっうちもじゃ〜」
「じゃからお店も屋台も行けれなんだんよぉ」と言うお友だちも…

「そぉじゃなぁ今年の初詣はいつもと違ったかもね…
 そういう年の始まりもあるゎ〜
 何より!みんなが元気で笑って『ひまわり』に来てくれたことが先生達は嬉しいよ

「初詣に行かなかったけど、ごちそう!イッパイだった⤴
 どれもこれもってしたら、お金がすぐになくなるってママとパパが言ってた⤴」
と、とても堅実なお声もありました

放デイさんでは《恒例》となりつつある『由来について』をお弁当TIMEにしました。
さすが⤴
年始めに何度もみんなと話してきたので、大きい子達はしっかり小さいお友達に、いくつか説明ができました

 

 《お煮しめ、筑前煮》
筍 → すくすく伸びるため子供の健やかな成長、家運の向上を願う
ごぼう → 根を深く張る事から家族や家業が地域に根付きますように、細く長く幸せ続きますように
蓮根 → 蓮根の穴!将来をしっかり見通せる
人参 → 人参の(赤)は縁起が良い色
里芋 → 親芋の下に子、孫芋と連なって出来るので子孫繁栄、粘りがあるので(何事も粘り強く成し遂げるように)
八頭 → 里芋の仲間。八という文字が「末広がりで縁起が良い」
手綱こんにゃく → 手綱が結び目に見える為、良縁に恵まれるように
これら沢山の具材を同じ鍋で煮るから家族が仲良く暮らすという意味が込められている

 

海老 → 茹でて曲がった腰、長い髭を老人に例え長寿の象徴と、目が飛び出てるから、目出たい(めでたい)
栗金団 → 黄金(お金)に困りませんように
煮豆 → マメに働いて暮らせますように
昆布巻 → よろこぶ語呂合わせ幸せがたくさんになりますように
数の子 → 子孫繁栄、子供に恵まれますように。『二親』と書いてニシンと読む。両親の長寿を願う
鰤 → 出世しますように(勉強、仕事ができますように)
百合根 → 鱗片の形から歳を重ねる事や仲の良さ、子宝を連想させ子孫繁栄。無病息災(漢方薬としても用いるため)
菊花かぶ → 日本を象徴する菊は縁起が良く、邪気を払う意味がある
などなど!

子供さん達、おせち料理についての由来をそれぞれに考えて発表しました
(子供さん達が言えたことを覚えるスタッフ必死モメ取りました 印は言えました

 

季節、行事その時々の話を子供さんなりに理解しようと一生懸命聞いていて、
それを年下のお友達に自分の言葉で伝えている姿がとても微笑ましく嬉しい1年のスタートでした

子どもさん達の何気ない一言、行動に今年も笑顔とパワーをもらいながら
実りある一年にしていきたいと思います
今年もよろしくお願いいたします

   スタッフ一同

 

 


《1月壁面》

児デイさん、放デイさん&
書道の先生とのコラボです

昨年末、『書き初め』の宿題のため書道の先生にお越しいただき【書道教室】が開催されました
(放デイ、日中一時支援を御利用で受講希望者)

最終日『乗友喜舟先生』から
「書した物だけど大きな半紙だからダイナミックにお絵かき!出来るかと思って使っていただければと思って
と先生が書きためておられた大きな半紙を沢山いただきました

さっそく制作作り
子供さんたちと筆に絵の具を含ませ喜舟先生の書の上に『ポトッ』とユックリ水絵の具をのせ『にじみ絵』を施し凧の飾りを作りました。
先生の『書』と子供さんたちの新年への気持ちが溢れた正月らしい『和凧』が出来ました

正月といえば邪気を払い幸せを呼ぶと云われる『獅子舞』こちらは獅子の顔
子供さん達が辛抱強く、ダンボールに小さく千切った画用紙を隙間なく貼り付けていきました

そして児デイさん!!は『正月の遊び』と題し☝『福笑い』を作りました
どの顔も とっ〜ても福福しいでしょ⤴?

今年も大いに笑い笑顔で溢れた1年になりますね

24節気『冬至』

窓の外の風はすっかり冷たくなり上着を着込んでも
外に出ると寒さで背中が丸くなってきそうです

それでもこの季節はインフルエンザに加えて…コロナウイルスの心配が絶えませんね

そんな中でも!元気に過ごそう
どうしたら元気に過ごせるか?
子供さんたちと一緒に話をし、日本の24節気『冬至』について話をしました


今年の『冬至』は12/21(月)
一年の中で太陽が出ている時間が1番、短い日だよ。
冬至にはお風呂に柚子を浮かべて『柚子湯』に入ったり南瓜を食べるんだよ〜と言うと
「何で、かぼちゃ食べるん?」と・・・

(待ってましたこの返しちゃんと調べてますょ

「かぼちゃは夏の食べ物!でも涼しい風通しの良い所に置いておくと!
あら不思議⤴冬になっても腐っていない!
しかも!!
食べると体の中でビタミンAって栄養に変わるカロテンやビタミンB1,2、ビタミンC、ビタミンE、
食物繊維をメッチャたっぷり持った緑黄色野菜
冷蔵庫とかなかった昔は採れたて野菜って…冬は特になかなか食べれんかったんよな。
新鮮な野菜が寒くなってきて少なくなる時期!
その冬を乗り切る為に『冬至』っていう節目の日に南瓜を食べて栄養をつけよう!!って昔の人の知恵なんよ」
とお話


「南瓜、食べたら元気になるん?」
「ゆずは?」
との子供さん達の反応を予測してました

「地域の方に戴いた柚子もあるよ。
柚子って『ゆず茶』って甘いお茶にもできるし『柚子マーマレード』にも出来るんよ!」
「今日の、おやつに柚子食べるよ⤴」
とシッカリと話を聞いたあとは楽しいおやつタイム。

柚子茶は初めての子も「元気に過ごせるように一口は飲んでみよう」の声かけで飲む事ができ
トーストに塗った柚子マーマレードは
「おかわり!」「もっと食べれるゎ」と『あっ!』という間になくなりました


中には「先生!マーマレード作ってみたい!」と言うチャレンジ精神旺盛なお友達もいました

季節の行事を知り日本の風習を大切にしながら元気に過ごしたいと願っています

 

例年であれば放デイ、児デイの室内はエアコン使用時は1時間毎に必ず10分の換気をしてきましたが、
今年はエアコン使用時でも、常に全ホールの全ての窓を10cm程度ですが開けた状態で過ごさせてもらっています

 

ひまわりレストラン

すっかり田んぼの稲穂は刈り取られ
近隣の畑には白菜や大根等の冬を代表する野菜が大きく育っています。
寒さも強まり始め、朝夕は寒さを覚えるようになりました…

夜、朝方の冷え込みに気をつけ、暖かくして風邪対策にも気をつけ元気に過ごしましょう

 

先日の活動で児デイのお友達が
ひまわりファームでさつま芋、ピーマンを収穫してきてくれました
小ぶりながら沢山のピーマンさつま芋


今日はみんなが大好きなクッキング
「今日はクッキングするから4時になったらおやつ準備だからね」と予め伝えていたので 、
「あっ!4時になってる片付けよ」
「おやつの準備しよ」 と時計を見ながら、みんなそれぞれにシートを敷いたり机を運び
机拭き、ゴミ入れ、口拭き、お皿の準備


机の前に姿勢良く座り
スタッフがホールに材料を揃えたトレーを持って来ると
「わぁ今日は何作る?」
「パンだ!」
「ケチャップ!チーズ…解ったピザトーストじゃろ
「みんなで作る?」 とワイワイ賑やかに


お皿にパンを並べると順番にスプーンでケチャップを塗り
自分達でピーマン、チーズを乗せサラミをトッピング

名前を呼ばれた順にオーブンの前に並び200℃に温めたオーブンで3分
(オーブンは【生活介護】さんにお借りしました

焼き上がる間みんな焼き具合が気になり、じっとオーブンの前に正座で見つめていました
真剣にオーブンの中を覗き込む後ろ姿もとても可愛かったです


いつもは「ご一緒に!いただきます」と食べ始めるのですが、
今日は焼き上がったお友達から挨拶してから熱々のピザトーストを食べました

いつもは「ピーマン減らしてください」と言うお友達も
「おいしい!」「ピーマン食べたょ!」「おかわりあるかなぁ⤴」とニコニコで完食でした

今季、最後のピーマンの売れ行き上々
「先生!お芋はいつ食べれる?」と次のクッキングの予約が入りました

 

 

Ps.12/3の日中にとてもキレイな虹が見えました
師走は何かと忙しくなってしまう時期
今年はそこに加えコロナ禍で不安な毎日ですが
時には空を眺めたり、季節の移り変わりを感じながら
心穏やかに過ごせるよう、心にも栄養を

 

 

 

 

ひまわりファーム

ご無沙汰のお便りです
ファームの様子をお知らせ

プチトマト
まだほんの少し収穫が出来そうです

ピーマン
小ぶりながら鈴なり

きゅうり
前回の『きゅうりのQちゃん』が最終でしたあれから一本も収穫なく終了

大玉トマトも植えましたが花が咲くことなく終わってしまうという自体が起きました

さつま芋は収穫までまだまだですが
美味しいさつま芋になるようみんなで様子を見たりお世話をしていきたいと思います

冬の間は☝みんなで
土作りにも挑戦していこうと予定しています

 

お月見

昨日は十五夜の
お月見
今宵は…満月
会社から見える月がとてもキレイだったので
皆様にご紹介

放デイでも昨日はススキを飾りおやつでお団子を作り
昨日はお家で『お月見』をされたご家庭も多くあったようです
「お団子?」「お月見?」「食べる~?」と嬉しそうに教えてくれました

日本の良き風習、風情を大切にしながら活動に取り入れていきたいです。

優しさに包まれて

陽が落ちるのも少しずつ早くなり秋を感じる今日この頃

朝夕と日中の気温の差に体がなかなか順応せず体調を崩してしまう・・・季節の変わり目です
衣服の調節をしながら過ごしていきましょう

8月は児デイさんではプール、水遊びを堪能し
9月から少しずつ3密を意識しながら近隣の散歩や公園へ外出しています

 

今日は・・・車に乗り少し離れた公園へ松ぼっくりやドングリを見つけにお出かけました
公園の入り口には軽トラ車好きなお友達が「トラック」「すごいトラック」「ブーブ!」と口々に
みんなスタッフと手を繋ぎ駆け寄っていました

ふと車の荷台を見ると立派なさつま芋が
スタッフが「これ何か解る?」と聞くと
口々に「(い)も!」「まんま!」「おいもっ」と可愛い声で答えてくれました
「美味しそうだねじゃあ松ぼっくり、ドングリを探しに行こうね」とその場を離れみんなで散策

公園内では、さつま芋を収穫している方や公園管理で落ち葉を集めている方にも会いました
スタッフが挨拶する前に「おはようございます」「こんにちは」「(こんにち)は!」「あー」と大きな声で公園で会う方々にご挨拶
スタッフも嬉しくなるほど会うたび、すれ違うたびにみんなの大きな元気な挨拶の声が公園に響きました

お目当ての『松ぼっくり』『ドングリ』も沢山見つけ袋に収穫
「いっぱい見つけれたね先生と手を繋いで車に帰ります」とみんなで公園の入り口まで景色を楽しみながら歩いて行くと・・・
一人の職員さんが何か袋を抱え立っておられ・・・

「大きな声で挨拶出来たね。良かったら持ってお帰り」と大きな立派なさつま芋を渡してくださいました
お友だちもスタッフも予期せぬ出来事でしたが
広く地域の方々に見守られている事に感謝し「ありがとうございます」とお礼を伝えありがたく戴いて帰りました

 

公園で収穫作業をされていた方々、公園をきれいに整備してくださっていた方々…本当にありがとうございました
地域の方々の優しさに包まれ見守られている事を再確認した1日でした

ひまわりファーム活動で学ぶ⁉

陽が落ちるのも少しずつ早くなり秋を感じる今日この頃

朝夕と日中の気温の差に体がなかなか順応せず体調を崩してしまう・・・季節の変わり目です
衣服の調節をしながら過ごしていきましょう

 

先日の台風では岡山は甚大な被害は受けなかったものの・・・
夏休みの間、子どもさん達が暑い中、お世話した『ひまわりファーム』の野菜の支柱が強風で倒され支柱が折れ
大事に育てたキュウリ・・・2本のうち1本が根本から折れ枯れてしまいました



出来かけていた小さなキュウリも落ちています
残り少ないキュウリの芽・・・どうか元気に育ちますようにとみんなでお祈り

出来た少ないきゅうり・・・
みんなで少しずつでも食べれるようにスタッフ腕をふるって(笑)
『キュウリのQちゃん』を作りました。
今日のおやつは!もちろん『Qちゃん』です

 

「今日のおやつは!手作りだよ
「えっ?クッキング?」
「残念今日は!先生がみんなにひまわりファームの野菜を食べてもらいたくて作った
「何?何?」
「お楽しみおやつの準備できたら言うね
みんな楽しみにおやつの準備

 

机につき姿勢を正したところで
「あのね・・・お知らせがありますこの前、台風が近づいて凄い風だったよね?」
「うん!でも岡山は来なかったょ!」
「そぅだね・・・でも、台風で怖い思いをした人や地域もあるんだょ
と災害についての話をし
ひまわりファームの様子を伝え
食べることの大切さ、食べる物がない時の大変さをみんなで考え
『Qちゃん』をみんなの前に!


「これ何?」「何だろう?」
みんなの声に
「ひまわりファームの野菜で出来てるよ何で作ったでしょうか?」と問いかけると
みんな口々に、ひまわりファームの野菜を言ってくれました(笑)


「きゅうりのQちゃんだょ。ご飯と食べると止まらなくなるでも今日はご飯はないんだぁ・・・ごめんね」と言い
「今、みんなで考えて話したよね?いぃ?苦手な人は先に『苦手です』って言うんだよね?
世の中には食べたくても食べれない人もいるんだよね🥺
出来るだけ残さないように。少しは頑張って食べてみる!出来る?」とスタッフの声かけに・・・


「出来る!」
「苦手だから少しにして下さい」
「僕は食べれる!」
「中くらいの下さい」
「大きいの下さい」
と自分たちで食べれるかどうか、よく考えた上で自己申告
みんなの声を聞きながらお皿に配りました。


一口食べ
「うっまぁもぅ1個!」
「先生!これどうやって作ったん?」
「ママに作ってもらう!」
「私も作ってみたい!」とみんな『Qちゃん』をおかわり
「先生!ご飯ください!」と予期せぬ言葉まで(笑)

 

自然の猛威に予期せぬ出来事・・・
自分たちの身をどのように守るか

好き嫌いは誰にでも大なり小なりある(中にはアレルギー等で食べれない場合もある
・・・生きるためには食べる事。


食べる事の大切さを
『ひまわりファーム』での活動を通しみんなに解るように・・・
伝えていけれたらと思います

お友だちに好評だった、ひまわりの『きゅうりのQちゃん』

ご希望があればレシピをお伝えいまします(笑)
お迎えの際、またはキッズノートでお問い合わせ下さいませ

8月活動〈クッキング〉

まだまだ暑さは続いていますが日が沈むのが早くなってきたように感じられますね
放デイのお友達の活動をご家族の方にもお知らせできれば


と今回は
クッキングです


もちろん
ひまわりファームで収穫した『採れたて野菜!使うっきゃない
クッキングのメニューはスタッフが「今日〇〇作らない?」と呼びかける事もありますが

 

子供さん達は苗を植えた時から『採れたら△△作りたい』と夢を膨らませていました

いざ何作る?となると
「〇〇作りたい」
「私△△がいい」
「え?〇〇にしようやぁ」
「私は△△がいい!」
「じゃあさ!他の人にも聞いてみようゃ」


・・・・・・そして
「先生!今度△△作れる?まだ野菜採れる?」
「お世話したら採れるよ」という場面もありました

 

·それぞれ思い描いた希望が叶えば次の目標に繋がる
·自分たちの努力はきっと実になる

 

それでは
曜日でお料理は違うけど夏休みに作った『手作りおやつ』を紹介します

 きゅうり
・きゅうりの塩もみ
・きゅうりの味噌ディップ
・サンドイッチ

 ピーマン
・ピザトースト
・ケチャップライス

 紫蘇
・紫蘇醤油漬けおにぎり 

 いちご
・白玉パフェ
・フルーチェ
  などです

 

「ホントは・・・きゅうり嫌いなんょ
「え?僕は食べれるよ、ちょっと減らしてもらったら?」
「小さく切ったから大丈夫
「わ!食べれるが
とお友達同士で苦手なものも励まし合って完食してたり

 

「ピーマンかぁ
「え?嫌いなん?それがなぁ、ひまわりのピーマン不思議なんよ~、ちょっとこのまま食べてごらん食べれるから」
「どこが?モグモグ」
「すっご〇〇くん、食べれるが普通のピーマンよやるなぁ
とスタッフの暗示で・・・つい食べちゃった

 

「今日は〇〇作って食べたんですょ」と
ご父兄に報告すると
「えっ?食べましたか?家では今まで『食べない!』って食べたこと・・・ない本当に?」
とビックリ(ご父兄スタッフ共に)と言うこともありました

 

みんなで楽しんでクッキングにも取り組んでます
それぞれ無理せず楽しんで

 

次は何をみんなで作ろうかな

クッキングの・・・完成写真がないのは
子どもさん達が調理を頑張ってる過程の一コマ!を逃さないようスタッフ撮影に力を注ぎすぎ


出来たブラボーと歓喜の舞
いっただきまぁす
おいしい?
おいしぃ
きゃー食べれた?
凄ぉい💕
みんなで作ったからおいしいんょ


と感動の渦にスタッフ浸ってる間に・・・
みんな完食してしまっているからです


毎回、写真撮った?撮った?撮れた?と
次は完成写真も掲載出来るようカメラマン決めなくちゃ(笑)