スタッフブログ

全館一斉に避難訓練を行いました。

本日、全館一斉に避難訓練を行いました。

地震発生から建物火災になった事を想定しての避難訓練。
避難開始から8分で全員建物の外への避難ができ、一時避難所から公園へ移動して全員の避難が完結するまでに15分で行うことができました。

訓練を重ねることでこどもたちも、スタッフも動きがスムーズになってきていると感じました

ただ、火災発生の場合は、2分で炎が天井まで上がることを考えると、まだまだ避難訓練を繰り返し時間の短縮を図る必要があると感じています。

今後も避難訓練を継続し非常災害時に備えたいと思います。

生活介護の玄関模様替え(^-^)

生活介護の玄関を模様替えしました。
野山では紅葉が見頃になっていますね
朝晩冷え込む日も多くなってきましたので、体調を崩さないようにしたいですね。

玄関の模様替え

ハロウィンパーティー!!

10月31日はハロウィンです!!
お部屋の飾りつけをして、お昼ごはんもハロウイン用に可愛く特製プレートを用意しました
「トリックオアトリート」の秘密の呪文をとなえてお菓子をモグモグ
感染対策をしっかりして、みんなでハロウィンパーティーを楽しみました

 

ハロウィン

ハロウィン

ハロウィン

 

ハロウィン

 

 

建物内で感染対策のお祭り開催

コロナ感染対策として、外出ができにくい状況が続いていますが、
少しでも利用者さんたちのストレスや気分が晴々するようなことはできないかと、秋祭りを開催しました。
感染対策はもちろんのこと、楽しんでいただける準備を万全にして、皆さんに笑いの絶えない時間を過ごしていただきました!

秋祭り1

秋祭り2

秋祭り5

秋祭り3

 

秋祭り4

 

 

 

 

蛇口を捻ろうとしてビックリ!!

眩しい陽射しの中、優しい風が吹き畑の苺、先日植え付けたトマトの苗がスクスクと育っています
スナップエンドウの苗も何とか持ちこたえ少しずつ大きくなっているように感じます

さぁて!!今日はいいお天気
苺も収穫したし野菜にお水をあげなくちゃ
と一号館の延長ホース!ご活躍してくださいな
と水道付近まで行くと…

何だ何だ?今日は、やけに近くで鳥の鳴き声が聞こえるなぁ~
と水道の蛇口を捻ろうとしてビックリ
「ぎゃーー」何となんと
蛇口近くの計測器の上に一羽の小鳥の雛

どこから来たのか?親鳥は??飛べる??飛べない??エサは??
スタッフの大きな叫び声に、一号館館内から数人のスタッフがすぐに駆けつけてきました

みんなで
「なんの鳥?」
「この子だけ?」
「親鳥は?」
「どこから来たんだろう?」
「いつからいるの?」と小鳥に向かって質問攻め

まだ羽も生え揃っておらず…木はあっても巣も近くには…見当たらず
しばらくの間、野生の動物にやられやしないか道路に間違って出ないか??とスタッフが見守っていると…
親鳥が餌を咥えてフェンスに

「よかった
「親とはぐれたんじゃなかったんだね?」
「親が来てよかったよかった
「私達がいたんじゃお母さんもご飯をあげにこれないね」と退散

見つけた時は本当に驚きましたが、なにはともあれ親鳥も小鳥の居場所がわかっていたみたいで安心しました
きっと…巣立ちの時期を迎え、飛ぶ練習
舞い降りたは良かったけど巣までの高さが飛び上がれなかったんでしょうね

それは人間の子供も同じ
何度も何度も転んで起き上がってまた転んで…
そして上手に当たり前のように歩けるようになっていく
鳥さん!頑張れ!時には羽を休め大きな大きな空を飛べるように
飛ぶ練習しっかり

事業所に通所してくれているお友達もおんなじ
失敗しても 時間がかかっても 一緒に何度も何度も
みんなで頑張ろうね

 

 

 

 

全従業員を対象に抗原抗体検査を実施いたしました

5/13(木)~ 5/15(土)にかけて、

・ご利用者様に安心してサービスをご利用いただくため
・職員の現状を把握し安心して勤務することが出来るようにするため
・新型コロナウイルスの感染拡大防止のため

全従業員を対象に抗原抗体検査を実施いたしました。

 

抗原検査キット、抗体検査キットを法人で購入し、出勤者から順次検査を実施いたしました。
結果、検査対象者全員マイナスでした。


今後も新型コロナウイルスに対する対策をより一層強化し、感染予防に努めてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持参弁当についてのお願い

近隣の田んぼでは鯉のぼりが風を受け悠々と空を泳ぎ鮮やかな菖蒲も目を引きます。
暑さを感じるようにもなりましたが皆様お変わりなくお過ごしのことと思います

この時期から気温の上昇に伴い気をつけていただきたい事が「お弁当について」です

ひまわりでは、おやつ、食事前の手洗い手指消毒、テーブルなどの消毒を行い、
食中毒に配慮をし弁当を涼しい室内で保管するよう努めておりますが、ご家庭でもご協力くださいますようお願い致します。


お弁当を詰める際には、必ず冷ましたものを詰め、熱気がお弁当箱内にこもらないようにする
痛みにくい食材、調理方法(シッカリと火を通す)
抗菌シート、保冷剤、保冷バッグを使用する
カトラリー(箸、スプーン、フォーク)は衛生面を考慮し、必ず清潔なケースに入れる。
定期的にお弁当袋、ケース等の洗濯、消毒を行う。


等の食中毒予防対策をご協力くださいますようお願い致します。
お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。