その他

生活介護 夏まつり

今年はコロナの関係でお祭りなどもすべて中止になり、なかなか外出も制限が厳しいため、
施設内でお客様が楽しめるように内々で簡単にお祭りっぽくやってみました

 

季節の行事を楽しむ時間になりお客様も楽しむことができました。

 

 

お願い

お盆休みも終わり笑顔で家族の方々と過ごし沢山の体験や経験した事を嬉しそうに話してくれた子供さん達
まだまだ暑さも続き体調管理に努めていきたいと思います。

体が暑さに負けないよう涼しい部屋ばかりでなく戸外で過ごす時間も設けています
灼熱の陽射しに負けない為にも
再度
帽子の持参をお願いします


また汗でシャツが湿り空調をしている室内で過ごすと
体の冷えにも繋がりますので必ず

·着替え一式(パンツ、肌着、Tシャツ、ズボン、靴下)
·ハンカチ、ハンドタオル等
を念の為、ご持参くださいますようよろしくお願いします。

靴につきましては
スニーカーをお願いしたいと思います。
サンダル、クロックスは歩いている時、脱げてしまうと
陽射しで灼けたコンクリートで火傷をしてしまう危険があります
ご理解、ご協力をお願いいたします。



念の為お願いいたします

ひまわりをご利用下さっている方々の中には事業所の送迎をご利用して下さっている方も多いと思います
送迎でのルート上、複数の方に乗り合わせをしていただいております為
念の為に乗車前の体温測定をお願いすることになりました。
お家でも測ってきてくださっているのに申し訳ないのですが
検温時、37.5℃以上の方はご乗車、ご利用を控えていただくようになります。

皆様の安全を守るという観点からご理解をいただきたいと思います。
何卒よろしくお願いいたします。

プールは楽しいだけじゃない?

 

先週から児デイの子供さん達はプール、水遊びが始まりました
プールバッグを手に「おはようございます」「今日プールする?」とウキウキ
玄関先で「行かないママがいい」と涙しちゃうお友達も、ホールに入ってしまえば気持ちの切り替えバッチリ
笑顔いっぱいプール、水遊びに参加しています

 

プール、水遊びでは
·水に親しむ
·涼を取る
·衣服の着脱
等の目的の他に…
とても大切な目的を組み込みました

緊急時の
『非常階段の昇降』
です。

ホールからプールまでの経路に『非常階段』を通ります
万が一の時いつこの階段を使用する時が来るかはわかりません
子供さん達が安全に『非常階段』を怖がる事なく降りれるよう
『楽しい水遊び』『防災訓練』に取り組んでいます

見られていなくても頑張れる子

先日、梅雨明けと言ったのに・・・8/7(金)は立秋
近年では夏の暑さが厳しく『こんなに暑いのに立秋』と感じる今日この頃です

暦の上では立秋が暑さの頂点とされ、この日を境に少しずつ涼しくなりだし
『秋の気配』を感じられる時期になってきます(だそうです)
季節を感じながら元気に過ごしていきましょう


先週は夏休みが始まっている子供さん達は
午前中に課題、宿題を終わらせ帽子を被り、水筒、冷え冷えマフラー首に巻き
『ひまわりファーム』の観察に行きました

例年よりも遅く植えた
ピーマン
オクラ
トマト
きゅうり
少しずつ収穫が出来てきました

が・・・
野菜も大きくなってますが雑草も
これが・・・野菜以上に『ご立派』に育っていました

「ちょっと草取りしようか」のスタッフの声に、
「え~」「暑いから嫌じゃ」「したくない~」と言う子が誰一人おらず
暑さで途中、心折れる子も確かにいましたが、雑草の無法地帯となった草を休憩はさみながら、
「草がいっぱいになったら野菜が大きくならんのんょ!」
「知っとる!理科で習ったょ」
「採れたら何にして食べる」
と約束の時間まで取りきりました


1号館のスタッフがその様子を見ていてくれた様で
「暑いのにみんな頑張ってるね」
「頑張ってるから野菜が沢山できるよ」
「暑い中、頑張ってるから飲んで」
と子供達みんなにコップにアクエリアスを入れて持ってきてくれました

これには子供達も『え?』と驚いてましたが
一列に並び受け取ると「ありがとうございます」と喉を潤していました
「みんながやってる事は必ず見てくれてる人がいるょ」と伝えると
「アクエリアスのお礼せんとな」
「野菜採れたら持って行こぉや」
と子供さん達も頑張ったぞ!と達成感があったようでした


『誰かの為に頑張る』気持ちも大切だけど
『誰かが見てる時だけ頑張る』ではなく
『見られてなくても良いと感じれる事ができる』ってとても大切な事だと思います

今年は例年よりも『短い夏休み』になりますが
1つでも多くの経験をしていきたいと思います

地域活動のご紹介

毎年、子供さん達が世話をし収穫できた採れたて苺やキュウリ、プチトマト、さつまいも、
課題に沿って制作した作品を手に近隣の企業の方々にご挨拶に行かせていただいていますが・・・

今年はコロナウイルスの影響で外出も思うように出来ず
地域の方々との交流もままならないのが現状でした


そこで、みんなでお世話して収穫した苺を
ひまわりを利用してくださっている『日中一時支援』のお兄さんお姉さんに配ったり、
『生活保護』のお兄さんお姉さん達にジェラートにして持っていったりしました。
(外出が出来ずスタッフが子供さん達の気持ちと一緒に渡しに行きました)


「頑張ってお世話したから取れたんだね
「みんな喜んでくれたね
と話し少しでも地域に目を向ける事ができるよう活動に繋げさせてもらいました

 

3号館の駐車場のブルーベリーが少しずつ大きくなり色が変わってきました。


収穫はまだまだ先になりそうですが園庭に出る時、学校から帰ってくる時には折に触れスタッフが
「これ、何の実か知ってる?」
「木の実は何かな?」
「なにいろ?」
と子供さん達に注意を向け観察。

口々に
「まんまる」 
「おしりがある」
「あきのむし〜(蓑虫)」
と色んな発想が聞こえてきます

 

「木の実はね紫色になったら食べれるんだよ」
「甘いかな?酸っぱいかな?楽しみだね」
と子供さん達が 『ひまわりに来るのが楽しみ』と思ってくれるよう声かけも心がけています。

ちなみに…児デイ放デイのお友達は ジャムにして食べたいそうです
たくさん収穫できるといいですね

療育・みなさんの作品

今月の作品紹介が遅くなりました

6月は梅雨にちなんで
  ・紫陽花
  ・カタツムリ
  ・雨だれ
を作りました

 

それぞれの制作過程には課題があり、今回はそちらもご紹介させていただきますね

紫陽花
  スタンプ押し
  (均等に力を入れる、力の調整、台紙の注視、スポンジ、絵の具の感触、汚れることの嫌悪感払拭、道具の使い方の習得など)


カタツムリ
  ハサミの使用
  (手と目の供応、微細運動練習、形図形の認識、糊の使用理解、感覚的活動、道具の使い方の習得など)


雨だれ
  ストロー切り
  (手と目の供応、微細運動練習など)

  紐通し
  (紐とストローの注視、目と手の供応、距離感認識、微細運動練習、指先の使い方、道具の使い方の習得など)

 

そして大事なことは
楽しんで課題に取り組める事
最後まで取り組み出来上がったことへの
感動喜び

現在は、7月の制作に取り組んでいます

最近の療育について

最近はコロナウイルス感染予防に配慮をしながら、
療育利用者さんには楽しんでいただける内容を追加していけるよう考えております。


療育でカブトムシの飼育。無事に今年も成長しています。
生き物の成長はこちらも学ぶものが多いですね。

 

療育で利用者さんたちに楽しんでもらえますよう、療育グッズをアイデアで増やしています😃
皆様、取り組まれている時、とてもいいお顔をされています。

 

うちの子です。無事に11歳になりました🎵
家で毎日癒されております

 

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。みなさま今年もよろしくお願い致します。

皆様はどんなお正月をお過ごしになられましたか?風邪などひまれていませんか?

職員がお伺いする際や通所に来られた際は、また色々なお正月エピソード聞かせて下さいねconfident

 ひまわりケアステーションは本日から営業開始いたします。

皆様の元気な笑顔が見れることを心から楽しみにしておりますnote

 

20161471226.jpg   2016147136.jpg   20161471337.jpg

大きくなったなぁ・・・

 みなさま、ご無沙汰しております。

さてさて、5月に移植したカポックとガジュマルのその後ですが・・・・

じゃじゃ~んsign01こんなに大きくなりましたbudガジュマルは1mを超えているのでは!?

でもでも、お日様に沢山当たり過ぎているせいか、若干日焼けしているようですcoldsweats01

 

2015925103933.jpg